Tag : #シピボ

体験談#1:ディエタ体験記 クヌーラオ #最終話

体験者のプロフィール HARUKi(1982年2月生まれ) ヴィジョナリーアーティスト  少年時代からの憧れであるアマゾンやシャーマニックな世界を体験するため、2011年末、アマゾン横断の旅へ出る。その途上で、シピボ族に…

体験談#1:ディエタ体験記 クヌーラオ #3

体験者のプロフィール HARUKi(1982年2月生まれ) ヴィジョナリーアーティスト  少年時代からの憧れであるアマゾンやシャーマニックな世界を体験するため、2011年末、アマゾン横断の旅へ出る。その途上で、シピボ族に…

体験談#1:ディエタ体験記 クヌーラオ #2

体験者のプロフィール HARUKi(1982年2月生まれ) ヴィジョナリーアーティスト  少年時代からの憧れであるアマゾンやシャーマニックな世界を体験するため、2011年末、アマゾン横断の旅へ出る。その途上で、シピボ族に…

体験談#1:ディエタ体験記 クヌーラオ #1

ディエタ体験記の第二弾は、アーティストの能力を授けると言われている植物“Kene Rao(クヌーラオ:シピボ名)” をご紹介します。   Kene(クヌー)とは、これまで幾度となくご紹介しているシピボ族独自の概…

新しい死生観を探す ーシピボ族の死生観と手引書

いつもアヤワスカを飲んで常に考えること。 つまりアヤワスカとは私にとって何なのか?   人間、生と死を同時に考え、生きていく死んでいくを同時に感じられないとパニックになる。 アヤワスカを飲むと、自分が死んでいる…

呪術師に成る#12 カマロンガのディエタ日記

Day 34    先住民のアヤワスカに仏道を求めてもしかたがないのかもしれないが、ディエタをすることを、日本の方に世間的に分かりやすい感覚で伝えようとすると、出家するようなものである。   日々、夢…

呪術師に成る #10 カマロンガのディエタ日記

Day 30   ディエタでどういうことがおこるのかハッキリと分かるようになる。 植物と話さないで、植物事典なんて作れません。 カマロンガは思考を調律してくれます。 それがカマロンガのイカロです。 植物の考えが…

呪術師に成る #9 カマロンガのディエタ日記:シャーマンに成るためのセレモニー

Day 28      サイケデリックスは生得権であると僕は考えている。我々が自由に己のマインドを探索できるようになるまで、自由社会は手に入らないだろう。   自分で考えなさい。権威に疑問を…

呪術師に成る #8 カマロンガのディエタ日記:オリビアとのセレモニー

Day 27    マエストラ・オリビア*1) 今までで最高のシャーマンでした。 ロヘルがアルマンドの子どもならば、アルマンドはオリビアの子ども。   オリビアのセンターに行かなければいけない約束の時…

呪術師に成る #7 カマロンガのディエタ日記

Day 22   森の中に入るとアゴがシビれるようになり、カマロンガの精霊が何かを知らせているのを感じる。   Day 23   一緒の部屋で寝たお客さんに、昨日寝ているときにイカロを歌って…

呪術師に成る#6 カマロンガのディエタ日記

Day 16   夕暮れどき、森から癒しが伝わってきて森の思考と対話をする。ディエタの調子が良い。   「静かにとどまっていること(止)」と「明らかに見ること(観)」止観の深まりと展開。  …

呪術師に成る#5 カマロンガのディエタ日記

Day 7   アヤワスカのセレモニー明け。 植物がカマロンガが入った知らない感じがある。 カマロンガは星空を見ているようにチカチカしてきれいだ。     Day 8    暑い。…